福祉総合学科

国家資格が必要な福祉専門職である
社会福祉士・精神保健福祉士を目指します。

厚生労働大臣指定(社会福祉主事養成)福祉総合学科/職業実践専門課程認定

社会福祉士・精神保健福祉士は児童、高齢者、障がい者など、生活に困難を抱える人に寄り添い、相談・支援を行う福祉専門職です。医療・行政機関との連携、調整を行うコンサルタント的な役割を果たします。本学科では授業・フィールドワーク・実習を通して対人援助技術を総合的に習得。卒業後も受験対策サポートを行い、社会福祉士・精神保健福祉士国家資格の取得を目指します。

社会福祉士(ソーシャルワーカー)を動画で紹介
(新しいタブが開きます)
精神保健福祉士を動画で紹介
(新しいタブが開きます)

 


児童福祉、高齢者福祉、障がい者福祉を
すべて学ぶ

福祉の世界では、児童、高齢者、障がい者など関わる対象ごとに学ぶべき内容があります。本学科ではそれらを無理なく学べるカリキュラムを導入。卒業時に幅広く学んだ証しとなる「社会福祉主事任用資格」を取得できます。
学外授業と現場実習で
専門職としての即戦力を目指す

 

ボランティアをはじめとするフィールドワーク(学外授業)と、福祉施設や行政機関、病院、保育所などで行うインターンシップ(現場実習)が豊富です。現場をリアルに感じながら資格取得を目指し、実践力を磨けます。
卒業後の無料受験対策で
国家試験突破を徹底サポート

卒業後1年間の実務経験中に、卒業生は何度でも無料受講できる「茶水ゼミ」(国家試験対策講座)を実施。合格まで徹底サポートを行うことで社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験合格者数で九州トップクラスの実績を誇っています。

希望者には保育士の国家試験対策を
無料でサポートしています。

 


お茶の水は保育士の国家試験受験を応援しています。9科目の学科試験対策をはじめ、ピアノやギターの伴奏、絵画創作、話し方表現などの実技対策を、希望者は選択科目として無料で受講できます。児童養護施設等で働きたい学生が頑張っています。 (※幼稚園教諭二種免許希望者は短期大学との併修(要別途学費))

目標とする資格

詳細をみる

目指す職種・将来の活躍の場

詳細をみる

3年間で学ぶこと

詳細をみる

履修科目

詳細をみる

福祉総合学科卒業生の就職実績(過去5年間)

詳細をみる

 

障がいを持った方々が充実した人生を送っていけるよう、「生き方探し」をサポートしていくのが私たちの使命です。そのためには、まず学生自身が主体的に授業に参加して、楽しみながら生活支援についての知識を深めていくことが大切です。人と人との交流が盛んな街天神・大名で一緒に学んでいきましょう。
精神障害者の制度・ システムとサービス 担当
大山 和宏先生

 

学科紹介