校長挨拶・沿革

校舎イメージ01

21世紀の少子高齢化社会のなかで、今後ますます求められる人材は、幅広い知識と技能を身につけた医療・福祉の専門家だと言われています。
わたしたち、ILPお茶の水医療福祉専門学校では、“人々を愛し、愛される (I Love People)”ことをモットーに、豊かな人間性を涵養するとともに、専門的な知識と技能を備えた医療・福祉の礎を築く、有能な人材を育成し、21世紀の福祉社会に貢献することを目的としています。  本校に入学後は、さまざまな自立を必要とする人々を愛し支援する対人サービスに関する医療・福祉の学問をはじめ、国家資格である「社会福祉士」「精神保健福祉士」、また今後ますます脚光を浴びる「診療情報管理士」「医療事務」「歯科アシスタント」など、さまざまな専門資格の取得を目指していただきます。
それと同時に、習得した知識・技能を、医療・福祉の現場で真の意味で活かすために、「人に愛され愛し、信頼される医療・福祉のスペシャリスト」になるにふさわしい人間性を身につけ、「自分を磨く」ことを、もう一つの目標としています。
したがって、本校に入学した以上は、皆さん全員何らかの資格を取得していただくと共に、皆さんの夢を実現していただけるように、皆さんの目線に立って、質の高いカリキュラムの編成と、皆さんと教職員の相互交流による授業を重視し、皆さんの満足いく丁寧なスクール・マネジメントに主眼をおいて運営していきます。
これにより、皆さんが、生涯悔いのない、輝き燃えるような人生が送れるようサポートいたします。

学校長 増田 卓司

学校長写真プロフィール
徳島県出身。上智大学経済学部卒。民間企業の代表取締役専務を経て、平成4年より九州共立大学教授、副学長を務め、平成17年より本校の理事兼学校長に就任。昭和42年より㈶九州生産性本部の生産性大学の常任講師をはじめ、社内教育講師も務める。平成9年から日本経営教育学会および経営行動研究学会理事、平成17年、九州生産性本部理事に就任。

著書「現代企業と経営戦略」同文館、「現代企業の経営」創成社、「現代の経営とビジネス実践」創成社 他多数

 

ILPお茶の水医療福祉専門学校 沿革破線メインカラー

昭和63年 4月:福岡お茶の水医療秘書歯科助手専門学院設立
平成 7年 5月:自校舎新築により移転
平成 8年 1月:学校法人認可(福岡県知事)
平成 8年 3月:厚生大臣指定(社会福祉主事養成機関)
平成 8年 4月:学校名を福岡お茶の水医療秘書福祉専門学校に改称、福祉経営学科開設
平成10年 4月:福祉経営学科をソーシャルワーク科と科名変更し、2年→3年課程へ
平成13年 3月:社会福祉士 合格第一号
平成14年 3月:精神保健福祉士 合格第一号
平成14年 4月:医療情報管理科開設、日本病院会認定校になる
平成16年10月:診療情報管理士 合格第一号
平成20年 4月:学校名をILPお茶の水医療福祉専門学校に改称

平成23年 4月:ソーシャルワーク科を福祉総合学科に変更
平成28年 2月:職業実践専門課程認定(文部科学省)
(診療情報管理科・医療秘書科・福祉総合学科)

 

 

協力提携法人
破線メインカラー
介護付有料老人ホーム 株式会社アビタシオン
アビタシオン

30余年におよぶ老人ホーム
開設・運営の実績を磯として。

アビタシオングループは、地域社会との連携と協調を図り、地域社会の発展に貢献しています。

ホームページはこちら

 

 

学科紹介