卒業生Voice

医療・福祉業界で活躍する卒業生の職場に訪問。
仕事のやりがいや、学生時代の忘れられない
エピソードなど、自ら夢を叶えた卒業生に
語っていただきました。

 

OG Interview

福岡県難病医療連絡協議会
福岡県難病相談・支援センター勤務
社会福祉士
渡邉 真佐美さん
平成22年3月 福祉総合学科(旧ソーシャルワーク科)卒業
大分県 爽風館(旧 大分県立碩信)高等学校 出身

 

人のために努力のできる
社会人になりたい。
九州大学病院内の施設で、難病患者の方・ご家族の方への難病相談・支援にあたっています。対象となる病気は多種多様で複雑ですが、まずは相手のお話に耳を傾け、相手の力になれる支援は何なのか、一緒に寄り添い考えていくことが大切な仕事です。元々私は一人で抱え込むタイプでしたが、お茶の水でかけがえのない友人に出会ったことで、誰かに頼ってもいい、相談することで見える側面もあると気づくことができました。社会福祉士の仕事は、必ずしも正解があるわけではなく、考え抜いた答えであっても、良い結果に結びつかず、無力感を感じることもあります。しかし、少しでも支援につなげることができ、相手の笑顔や安心した姿を目にしたときに、感じられる喜びは本当に大きく、良かった!とこちらまで元気をもらえます。

 

OG Interview

久留米市役所 健康福祉部
生活支援第1課
勤務
社会福祉士
西村 浩司さん
平成14年3月 福祉総合学科(旧福祉ビジネス科)卒業
熊本県 御船高等学校 出身

 

続けていくことができるのは
学生時代の体験があったからこそ。
在学中の精神科病院での実習経験が、社会福祉士と精神保健福祉士を目指す大きな原動力となりました。自分が行った支援に対して、相手から「ありがとう」と直接言葉をかけてもらえたことが今でも心に残っています。患者の方やスタッフと関わっていく中で、自分自身が成長していくことができる点も魅力に感じました。 現在は、生活保護に関する医療事務を担当しています。来所される方々が、対応した後に安心した様子で帰られる姿を見たときが、やりがいを感じる瞬間です。市役所での私の仕事は、福祉職であり、事務職でもあるため、自分の専門以外の知識も求められます。そのため、常に向上心を持って自己学習を怠らないようにしています。目標をもって学び続ければ、その目標は必ず達成できると思います。

学科紹介

  • OPEN CAMPUS
  • オープンキャンパス日程
  • オープンキャンパスお申し込みはこちら
  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら
  • 保護者の方へ
  • 進路担当者の方へ
  • 採用担当者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 文部科学大臣認定 職業実践専門課程学校 情報公開
  • おちゃべぇ~ブログ
  • フェイスブック
    Facebook