診療情報管理科

医療とITのエキスパートとして多角的な医療人になるために

医療界注目の診療情報管理士を養成する全国でも有数の実績校

カルテを管理・分析して医療の質を高める情報管理のスペシャリストを目指します。 診療情報管理士は診療録(カルテ)や情報を適切に管理し、そこに含まれる情報の持つ力でさまざまな課題に取り組み、医療の質の向上や安全管理、病院の経営管理に寄与する専門職として、今注目を集めています。「全国がん登録」制度も始まり、全国の医療機関から求められる人材です。本学科では医療業界でニーズが高い「診療情報管理士」資格を持つ専門職を目指します。

お仕事を動画で紹介
(新しいタブが開きます)

目指す職種

●診療情報管理士 ●医師事務作業補助者 ●がん登録実務者 ●医療情報技師 ●病院管理部門スタッフ(経営企画等) ●医療秘書 ●医療事務スタッフ ●医療系企業における電子カルテインストラクター、病院コンサルタント など

将来の活躍の場

●国公立病院 ●大学病院 ●大規模病院 など

目指す資格

診療情報の管理などで病院の経営に貢献する専門的な職業。今、もっとも注目されている医療資格の一つです。

院内の正確ながんのデータを国に提供し、私たちがより良いがん医療を受けられる体制づくりに貢献できる資格です。現場での需要が年々高まっています。

ITに関する基礎的な力が証明できる国家試験。IT化が進む医療機関において重宝される資格です。

実務経験者と同等レベルであると評価される医療事務の難関資格。診療情報管理士は医事の知識も必要となります。

●医療情報技師 ●医療情報基礎知識検定 ●医療事務検定(医科)1〜3級 ●医科医療コンピュータ検定1〜2級  ●医療秘書技能検定準1〜3級 ●医師事務補助技能検定 ●MOS検定(Word/Excel/PowerPoint/Access) ●秘書技能検定2〜3級 ●ビジネス文書技能検定など

3年間で学ぶこと

基礎医学

●医療概論 ●医学・医療用語 ●人体構造・機能論 ●外傷学、先天異常等 ●感染症、寄生虫症 ●新生物 ●血液・代謝・内分泌等 ●精神・脳神経・感覚器系等 ●循環器・呼吸器系 ●消化器 ●周産期系 ●皮膚・筋骨格等

専門科目

●医療管理総論 ●病院管理 ●医療保険・介護保険制度 ●医療安全・医療の質管理 ●保険医療情報学 ●医療統計学(統計理論・病院統計・疾病統計) ●診療情報管理 ●がん登録

診療情報管理総論

より良いカルテの作成を支援できるようになるため、カルテの保管・管理から運用方法まで病院で求められるスキルを学びます。

医療統計学

医療の質の向上、病院の経営管理 に役立つ情報の分析のため、診断情報をもとにした患者統計の方法やグラフ作成などを学びます。

コーディング技術

●国際統計分類概論 ●国際統計分類

国際統計分類

臨床医学で勉強した傷病名を、病名コード表ICD-10(WHO※作成) を使って分類する知識と技術を学びます。

医療事務

●医療事務(医科) ●診療報酬研究 Ⅰ・Ⅱ ●医療事務コンピュータ ●薬理学 ●臨床検査学 ●医師事務補助

臨床医学

現役の医師が基礎医学を分かりやすく解説。カルテ点検に必要な病名、症状、検査内容、治療方法に関する知識を学びます。

ITスキル

●電子カルテ学 ●情報処理 Ⅰ・Ⅱ ●ITパスポートⅠ・Ⅱ

ビジネススキル・就職対策

●教養演習 Ⅰ・Ⅱ ●医療コミュニケーション ●キャリア・サポート・プログラム

学科のポイント

Point
1

診療情報管理士の現役合格を目指す

診療情報管理士認定試験
現役合格
50
/166名中
95.2%
現役合格率

過去10年間実績

反復学習を取り入れた「お茶の水カリキュラム」を軸に、現役の医師や診療情報管理士など、トップレベルの講師陣が実践的な教育を行います。全国平均を大きく上回り、圧倒的な現役合格率を達成しているのは少人数制できめ細やかな対応ができるお茶の水だからこその実績です。

Point
2

「がん登録実務初級者認定試験」は全国に先がけてカリキュラムに導入

2016年1月に始まった「全国がん登録」制度により、全ての病院でがん患者の情報登録が必須となりました。現場で求められる資格をいち早くカリキュラムに反映!質の高い教育により、就職先も大きく広がっています。
その他にも、医療情報技師、【国家資格】ITパスポート、医療情報基礎知識検定、診療報酬請求事務能力認定試験、医師事務補助技能検定などの資格を多数取得できるので、大規模病院の就職に大いに役立ちます。

Point
3

学生発表のパイオニア!日本診療情報管理学会で安定した実績を出し続けています!

毎年9月に開催される日本診療情報管理学会学術大会での学生セッションでは、大学、短大、専門学校あわせて約100校が集まり、研究発表が行われます。じつはお茶の水は全国初の学生発表を行なった学校で、このことがその後の学生セッションの立ち上げのきっかけとなりました。優秀賞をはじめ受賞歴はダントツ!昨年も入賞を果たしました。

診療情報管理科の就職

大学生にも人気の国立病院や大学病院、大規模病院に専門職で毎年多くの求人をいただき、採用されています。

2019年3月卒業生就職実績

100%
就職率

九州大学病院/九州医療センター/福岡赤十字病院/九州がんセンター/浜の町病院/福岡市民病院/福岡大学病院/福岡市立こども病院/大牟田市立病院/九州中央病院/福岡徳洲会病院/小倉記念病院/福岡山王病院/博愛会病院/さくら病院/柳川病院/古賀病院21/新古賀病院/福岡記念病院/嶋田病院/福岡県済生会八幡総合病院/朝倉医師会病院/高木病院/北九州市立医療センター/社会保険大牟田天領病院/佐賀大学医学部附属病院/佐賀県医療センター好生館/嬉野医療センター/長崎大学病院/佐世保市総合医療センター/哲翁病院/聖フランシスコ病院/長崎みなとメディカルセンター/大分大学医学部附属病院/新別府病院/熊本市民病院/熊本中央病院/菊池郡市医師会立病院/国保水俣市立総合医療センター/宮崎大学医学部附属病院/鹿児島厚生連病院/南風病院/琉球大学医学部附属病院/豊見城中央病院/浦添総合病院/南部徳洲会病院/長門総合病院/関西医科大学総合医療センター/名古屋大学医学部附属病院/国立国際医療研究センター病院/順天堂大学医学部附属静岡病院/帝京大学医学部附属病院 など(過去5年間抜粋)

診療情報管理科の在校生VOICE

Student’s VOICE

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-9-51

一般社団法人 日本病院会認定校(診療情報管理士養成認定校)
厚生労働大臣指定(社会福祉主事養成機関)
文部科学大臣認定 職業実践専門課程
福岡市のILPお茶の水医療福祉専門学校は、
医療事務 医療秘書 診療情報管理 福祉を学ぶ専門学校です。

© Ochanomizu medical welfare college.